ぶどう狩り園の準備日記

新設ぶどう狩り畑の苗木ですが早い品種はズンズン大きくなっております。


当園ではいちご狩りのお客様にお渡しする説明用紙があります。


今シーズンはその裏にこの「栽培品種は全て皮ごと食べれるぶどう狩り園」の告知をしております。


まだ3年とか先の話ですが、非常に楽しみにしてくれる方の多いこと!!


やろうとしている道は間違いじゃないなと確信すると同時に、自分がそれをカタチに出来るかどうかというプレッシャーが半分、楽しみ半分。


イメージは出来ていて、それこそぶどう始めてここ数年で育ててきたアイデアや構想もあるので早くやってみたい気持ちでいっぱいです。


自分のやりたい農業をやる。


それが出来ないなら自分が農業をする意味すらない。


まだまだ道半ばですが、今後も農業に笑顔のタネをまいていきます^^


特集記事
記事一覧