ベジタブルガーデンを通じて

今年の営業は本日が最終でした。

この秋は新ロゴ作成の為のヒアリングや、研修受け入れの為に改めて、ベジタブルガーデンでこれまでどういう農業をやってきて、またこれからどういう農業を志向していきたいのかという事を考える時間をつくれました。

それはとても有意義なことでして

やはり改めて思うのは観光農園、つまり自分たちで育てたものを、現地で食べてもらえて、そのリアクションが見れる。

お客さんが笑顔になるのを自分の目で見て、美味しいと言うのを耳で聞ける事って農家として、プレイヤーとしてはやっぱり最高だなという事。

もちろん観光農園だからこその悩みも苦労も当然あるわけですが、それでもやはり楽しいし魅力がある。

その上で目指していきたいのは、美味しくて新鮮ないちご狩りだけどそれだけじゃない。

一緒に来ていただいた方との特別な時間を過ごしていただける。

そんな農園。

それは個人の運営するいちご狩り農園である以上、高い理想なのですが、追い求めていくだけの価値が有ると思っています。

もちろんこれからやるぶどう狩り園もそこを目標にしていきます。

より素敵な笑顔を見れるよう、農園としては贅沢な目標を掲げて、来年も試行錯誤しながら頑張っていきます。

お客さんも農家も笑えるように

農業に笑顔の種を蒔いていきましょう^_^

というわけで2020年はコロナもあって大変な一年でしたね。

大変お世話になりました。

願わくば2021年は平和で健康な一年になりますように☆

年始は1月4日から営業を始める予定です。

それでは皆さま良いお年を。


ベジタブルガーデン 野村匡宏

特集記事
記事一覧