コーヒー


コーヒー好きといえば苦いのがお好みの方も多いですよね。 もともとコーヒーが苦手だった自分がコーヒーをブラック飲めるようになったのは、ある一杯に出会ったからでした。 10年くらい前でしょうか。 ある目上の方のお宅に伺った時、お茶の代わりに出されたのがコーヒーでした。 いつもなら砂糖をたっぷり、ミルクも多めのカフェ・オ・レでようやく飲めるコーヒーですが、その日のコーヒーには砂糖もミルクも付いておらず、、 さらには目上の人やし砂糖貰えますかとも言いにくい。 諦めてしぶしぶブラックで飲んだのです。 しかしそのコーヒーは僕が予想していた苦いコーヒーとは全然違いました。 ほとんど苦く無い! そして香りが良い! 喉の奥がイーってならない。 かと言って薄いわけではなく舌の上でとろけるようななんともいえない味わいがありました。 ブラックでもこんなに美味しいのか、いやむしろブラックだからこんなに美味しいのか! 気がつけば、このコーヒー美味しいですね!って言っていました。 その日から僕はコーヒーブラック派。 自分でも淹れるようになりました。 ちなみに温室でも夜はホットドリンクを出しています。 苦がすぎず、雑味もなく、味わいや香りが良い理想の一杯を目指して淹れております。 カフェですか? いえいえ、いちご農家です。 連休最終日。 ホッとひと息ついて午後からも頑張ります。 


特集記事
記事一覧